プレイをするときの話し方を教えて

人の印象も話し方1つでがらっと変わります。同じことを話しても、受ける印象は変わるものです。
では、テレフォンセックスの時も話し方は意識した方がいいのでしょうか。答えはしないよりかはした方が楽しめますし、リアルな出会いにつながる確率も上がります。ここでは、話し方を学びましょう。

元気よくゆっくりと

あなたの周りには、普段の声と電話のときの声が違うなんて言う人いませんか。もしくはあなたがそうではありませんか。電話は声だけなので、すぐに印象が変わります。テレフォンセックスをしようとしても、声の印象が悪いとすぐに切られてるかもしれません。
印象をよくするためには、ゆっくり話すことです。そうすることで聞き取りやすくなりますし、穏やかな印象や話しやすい印象を与えます。テレフォンセックスが初めての女性は不安もあるので、落ち着けたり、焦らせないためにもゆっくりと話をしましょう。

指示はフレーズを選ぶこと

いざプレイをすると、男性から指示してそれを女性が受けるのが、定番の流れです。このときも丁寧さを心がけましょう。つい、「さっさとやれよ」「もっと声出せよ」「いつもやってんだろ」というような感じだと指示と言うより乱暴な扱いや命令に聞こえます。すると、反発心や不快感が出てしまいます。「もっと声が聞きたい」「普段通りにしてごらん」などとフレーズを変えれば、話し方の印象も変わった感じがして、印象もよくなります。この方がプレイも続けたくなるのです。

名前をさりげなく入れる

プレイ前には、名前も聞いておきましょう。名前を呼ばれると、人はだんだんと親近感がわいてきます。呼ぶ方も同様です。さりげなく、さらっとプレイ中に名前を呼ぶのも話し方のテクの1つです。

テレフォンセックスでは、話し方も少し工夫するだけで、あなたも女性も今までよりももっと楽しむことができるでしょう。

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です